14番目 英語 スペル, 艦これ ウォースパイト レシピ, プロテスタント 十字架 ネックレス, 君の名は 動画 B9, ポケモンgo プラス 電池切れ 早い, キングダム ネタバレ 652, 数学 計算練習 大学受験, Gu ブラトップ コーデ, インスタ 名前 14日間, " />

ハーメルン あらすじ 書き方


あらすじの書き方! 次に、あらすじの書き方です。 あらすじでは、タイトルで伝えた内容をもっと掘り下げていきます! ここでも自分の作品、 「願いを叶えてもらおうと悪魔を召喚したけど、可愛かったので結婚しました 〜チョロイン嫁が怒って僕を追放したパーティを壊滅させてました〜」 こんにちは! まったり読み人ダイナレイです。 ではでは、いよいよ小説の書き方のルールを、たとえあなたがまったく小説を書いたことのない初心者さんであったとしてもわかるように、かみ砕いて順番に説明していきたいと思います。 ま 新人賞のあらすじの書き方【小説を応募するときの概要の書き方・公募用】 あらすじでネタバレしてしまうことになりますが、そこで減点はありません。 分量は、指定された文字数の9割ぐらい書くのを目安にするのがいいと思います。 こんにちは。『そうとめ』管理人のるいつです。(@Soutome_ruitsu)Twitterでは独自の創作ネタを発信しておりますのでフォローお願いします。自身の創作物を読者の手に取ってもらうには様々な工夫が必要です。以前はタイトルの付け方の 小説のあらすじの書き方のポイントをまず見ていきましょう。 あらすじを書くと言うと小説の内容の一部を書けばいいと考えがちです。 しかし、ただ小説の内容に沿ったあらすじを書けばいいのではなく ポイントを外さない ように選ぶ必要があります。 あらすじを作っておく!あらすじの重要性と書き方、例を解説します。 登場人物を決めて大まかな設定をして、さあストーリーもだいたい決まった、では執筆作業に入ろう!…その前にもうひとつ、あらすじをまとめて構成立てておきましょう。 では早速速急に本題に入りますと、あらすじの書き方は、 簡略的に書くと『三人称の掌編小説の書き方』です。 三人称、つまりは第三者から見た視点での物語を語る。 これは本編が一人称であっても変わり … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); あらすじにオチまで書いてしまったら、本編を読む必要がないじゃないか!という意見がある一方、オチがなければ面白いかどうかわからないじゃないか!, 結論から言うと、どちらも正しいのです。2つの意見はあらすじに何を期待しているか、「あらすじの目的」が異なるのです。あらすじの目的に応じてオチを書く場合と、書かない場合まで、無数のグラデーションがあります。, 親の形見に1匹のネコをもらった主人公。何の役にも立たないと悲観していたところ、ネコは突然人語を話しだす。「私に長靴をください。そうしたら、あなたがもらったものはたいしたものだと思うにちがいありませんよ。」ネコは高い知能と権謀術数を駆使してやがて主人公に幸福をもたらす。, よく見るあらすじですね。最後にオチ(結末)が書かれています。書かれているといっても単に「幸福になった。」という程度です。このような「オチが含まれるあらすじ」は物語の全体を簡単に説明することが目的です。このあらすじを読んだ人は、その後に本編を見たり読んだりすることもありますが、それだけとは限りません。あらすじからストーリーを考察したり、他のストーリーと比較したり、単に理解したりします。別に読む予定はないけどストーリーを簡単に知っておきたい、とか誰かに簡単に知らせたい、そのような場合がありますね。, 問題はオチですが、どこまで具体的に書くかというレベルは様々です。上記の例では「幸福になった。」ですが、本当の結末は「主人公は一国の主となり隣国のお姫様と結婚、それからはネコは一言もしゃべらなくなった。」というものです。それを単に幸福になったというのか、王様になったとか、お姫様と結婚したというのかは、文字数の制限と制作者の匙加減です。相手がどこまでの情報を知りたいのかという目的に応じて調整すべきです。, たとえば、ある物語について誰かと議論する場面があったとします。そのときは「主人公は一国の主となり隣国のお姫様と結婚、それからはネコは一言もしゃべらなくなった。」というところまで話す必要があるかもしれません。ネコについて少し突っ込んで議論するときには、ネコがしゃべらなくなったことは重要な要素かもしれません。, 同じように、誰かに物語を伝えるといった場面でも、友達に先週見た映画を紹介するというような場面もあるでしょう。このときにオチまで紹介してしまってよいでしょうか?もしその人がこれからその映画を楽しもうとしているのでしたら、オチは話さないのではないでしょうか。相手の興味を引く程度に紹介し「その映画面白そうだね、見たい!」という状態になった後に「でも最後主人公が死んじゃうんだよね」などと言った暁にはもう友達ではいられなくなるかもしれません。「最後は悲しい結末になるんだよね」なら許されるかもしれません。このようにオチを入れる入れないにしても、色々なレベルがあり、目的をよく考えることが必要になります。, 一方、オチを書かないほうがいいあらすじもあります。それは、これから本編を楽しもうとする人向けのあらすじです。ストーリーの要点を伝えて、そのストーリーを見てもらうことが目的です。ふたたび長靴をはいた猫を例にしてみましょう。, あるところに粉ひきの親を亡くした3人の兄弟がいました。大抵の兄に遺産は引き継がれ、三男に残されたのは”ネコ”だけ。途方に暮れる三男を前に、ネコが話し出します。「私に長靴をください。私は案外役に立ちますよ。」かわいそうな三男は幸せになれるのか、長靴をはいたネコのミラクルが今始まる・・・!, このようなあらすじもまた、見たことがあるのではないでしょうか。ストーリーの「さわり」はわかりますが、全体像はわからないこともあり、もちろんオチは書かれません。読みたくなる、見たくなるのが目的ですので、”長靴”や”かわいそうな三男”といった、気になるキーワードが入っており、”ミラクル”が起こるんだなという期待感もあおっています。, ネコがしゃべって長靴をはいてる?!ある粉ひきの息子がもらったネコが国王と仲良しになったり、農民を脅したり、魔王と闘ったり・・・!大冒険を繰り広げる中世ヨーロッパを舞台にしたファンタジー大作!, 親を亡くし財産も手に入れられなかった不幸な少年に遺されたのは一匹の猫。貧しくても清らかな心を持ってさえいれば人生の富を得ることができる、そんな教訓を長靴をはいた猫を通してファンタジックに描く痛快活劇。, オチがあるもの、ないもの、あらすじとそうでないもの、実は境界はあいまいです。漠然とした「正しいあらすじ」というものはありませんが、「目的に応じたあらすじ」には正解があります。これからあらすじを制作する立場になった場合は目的を明確にすることを意識しましょう。, あらすじはストーリーを簡単に知るためにあります。物語の受け手のためにあるのです。先ほどのオチがある、ない、両方とも、受け手のためにあるという点では共通しています。, 一方、作者のためにある『あらすじ』のことを『プロット』と言います。”作者のために”というのは作者が物語を作るためという意味で、制作の途中段階で使うテクニックという意味です。あらすじとプロットはよく混同されますが、作者が作話用に作るあらすじは正しくはプロットと呼びます。, プロットは作者が物語を作るときに、大雑把にストーリーを書く『物語のダイジェスト版』です。ストーリーを作る際は、頭からどんどん作っていくか、大まかに全体を決めてからディティールを足していくかの2通りがありますが、この大まかに全体を書きただしたものがプロットです。, 物語の短い版という意味ではプロットもあらすじと同じなのですが、プロットは物語の大筋以外にも、後々のディティールアップのために作者が必要とする情報も書かれます。また長靴をはいた猫に登場してもらいましょう。, 粉ひきの親父が、死ぬ。長男、次男には良い遺産が残され、三男にはネコしか残されない。三男が途方に暮れているとネコは突然しゃべりだし、長靴を要求。ネコは三男を幸せにするため働く。まずは動物を捕まえて国王に献上する。その後も何かにつけて献上を繰り返し、国王に覚えてもらう。・・・・, ディティールとしては長男がもらったのは風車小屋、次男がもらったのはロバです。ネコが捕まえたのはウサギですし、「カラバ侯爵からの送りものです。」という三男の紹介も大切です。しかし、次男がもらったものが荷車でも、ネコが捕まえたのがニワトリでも、カラバ侯爵ではなくトマコマイ侯爵でも成立します。細かい要素はひとまず置いておいて、もっと大切な全体を表現するのがプロットです。最初から長い時間をかけてディティールまで書き込んでいき、最後に整合性が取れなくなったりすることを避ける意味があります。作る側が物語全体を把握するためにあるので、基本的にはオチまであって、整合性や面白さ確認します。, また、作者は時として、自分以外の人と作業をすることがあります。原作者、編集者やプロデューサー、相方などです。彼らに事前に物語を理解してもらうためにもプロットを作ることがあります。完全なものを作るよりも短時間で作れて、理解するのも短時間で済むので、他の人の意見を取り入れた修正が効きますね。, ここまでであらすじがについては理解できたかと思いますので、どうやってあらすじを書くのかという部分に入っていきましょう。, 「どうやって、と言われても長いものを短くするのだから、削って短くすればいいだろう」と思うかもしれません。それはそうなのですが、問題は何を削るかという点です。大事な部分を削れば伝わるものも伝わりません。ここでも目的や何が大事かを考える必要があるのです。, ここからは長靴をはいた猫よりもう少し簡単で誰でも知っている桃太郎を例にしてみましょう。, まずは、オチまで書いてあるあらすじを作ってみましょう。物語の主だった展開を中心に書いていき、オチまでを書きます。オチはどこまで具体的にするかがポイントになりますに。, むかしむかし、おばあさんが川で拾った桃から男の子が生まれました。桃太郎と名付けられた男の子は鬼を退治するため旅にでます。道中、犬、猿、キジを仲間にし、いざ、鬼ヶ島へ。一行は見事鬼を退治し、鬼に奪われた金銀財宝を持って、おじいさんおばあさんの元へ帰りました。, 桃から生まれたこと、仲間と出会ったこと、最後の勝利など、ひととおりの内容がまんべんなく入っています。削っているのは、おじいさんおばあさんとの出会いや、キビ団子のくだり、「お腰に付けたキビ団子・・・」のくだりなどです。, 必ず入れる必要があるのが「主人公の紹介」と、「主要な事件の解決」の2つです。この2つが入っていれば、他の部分は大胆に削除することができます。「主要な事件の解決」とは桃太郎で言えば鬼退治のような、メインで解決される出来事を指します。参考のため、この2つだけで構成してみましょう。, 身もふたもないようですが、これだけで一応どのような話かはわかりますね。長い話の場合は、どこを削ればいいか迷ってしまいますので、この2つを基礎にするのが効果的です。例えば非常に長い「西遊記」でしたら、このようになります。, となります。お釈迦様とのエピソード、金角・銀角、八戒、沙悟浄・・・どれも魅力的で入れ込みたくなりますが、最低限の場合はこのようになります。, さて、主人公、事件の解決、この2つは必ず入れるとして、そのほかの事柄は優先順位をつけ、文字数制限の中で調整することになります。桃太郎の場合に戻りますが、最低限の内容の場合の主人公の紹介は「桃から生まれた」ということだけでしたが、通常のあらすじでは「おばあさんが川で拾った桃から男の子が生まれました。桃太郎と名付けられた男の子」としています。文字数を少し多くしたとき、川で拾ったというエピソードは、桃太郎の魅力をより伝えられると考えたからです。, 事件の解決は「鬼を退治するため~一行は見事鬼を退治し」です。また、そのほかの重要な要素として、犬、猿、キジを仲間にしたことを加えています。3匹の動物の仲間がいることも桃太郎の重要な魅力だと考えたからです。, 何を入れるかは、あらすじ制作者が「読者が何を面白いと感じるか」をどこまで想像できるかによります。キビ団子のエピソードは省かれていますが、これこそが大切だと考える人もいますし、逆に戦利品の財宝の話は不要だという考えもあるでしょう。もちろん、文字数が許せばもっと多くの要素を入れることができますし、与えられた文字数が少なければもっと削らなければなりません。あとはあらすじ制作の技量ということになりますね。, あとは、オチがあるが、明確にしないものも書いてみましょう。やり方としては、「抽象度」を高めるという作業になります。, むかしむかし、おばあさんが川で拾った桃から男の子が生まれました。桃太郎と名付けられた男の子は鬼を退治するため旅にでます。道中、犬、猿、キジを仲間にし、いざ、鬼ヶ島へ。一行は見事平和を取り戻すことができました。, 鬼を退治した、という”具体的”なことは書いてありません。もちろん財宝のことも書いていません。”抽象的”に結末を書いています。桃太郎は誰でも知っている話ですので、「平和を取り戻した」と言われれば鬼が退治されたんだなと思いますが、鬼と和解したかもしれませんし、鬼は実はただの傀儡で、彼らを操る魔術師を倒したかもしれません。抽象的にすれば、オチがわかりつつもわからないという状態を作ることができます。, むかしむかし、おばあさんが川で洗濯をしていると、川上からひとかかえもある大きな桃が流れてきました。この桃、なんと中には赤ちゃんが!!赤ちゃんはやがて桃太郎と名づけられ、鬼退治に出発!犬、猿、キジを仲間に大活躍します。, 主人公の紹介、事件の解決はオチがない場合でも必須です。ただ、結論を入れませんので、どのような時間がるかだけを書いています。「事件の解決」ではなく、「事件」の部分だけといってもいいかもしれません。ここでは「鬼退治に出発」という部分ですね。その他、魅力的だと思われる犬、猿、キジについては書き、主人公の紹介も厚めにしています。桃から生まれたという生い立ち自体がこの物語の最も面白い部分だと考えたからです。鬼退治に行くクライマックスはもちろんなく、大活躍というだけにして期待感をあおっています。, オチがなく、宣伝が目的のあらすじの場合は”面白そう”ということが伝わることが最も大事なことです。最低限の要素を守り、面白そうと思ってもらえればよいので、どこが一番興味を引くかを考えればよいことになります。物語の一番面白い部分を紹介し、続きが気になりそうな展開までを書けばよいのです。あらすじと言うと、物語全体を紹介しなければいけないような気になりますが、気になる部分が紹介できれば、それがクライマックスである必要はありません。, いかがでしたでしょうか?知っているようで意外と知らないあらすじについて理解できたのではないでしょうか?思ったよりも明確な線引きがないなと感じたかもしれませんが、形式はどうでもよく、目的がしっかりしていればいいのです。内容が理解できた上で正しい書き方がわかれば完璧ですね。, 文字数で言うと100字から400字くらいで、数十秒から数分で読めてしまうくらいの分量です。(もちろん、長いものも短いものもありますが、基本はこのくらいです。)この長さが重要で、ものとストーリーがどんな長さでも、あらすじは大体このくらいの長さになります。映画だったら2時間あるものを、あるいは小説なら300ページあるものを、あ, 「主人公は一国の主となり隣国のお姫様と結婚、それからはネコは一言もしゃべらなくなった。」というところまで話す必要があるかもしれません。ネコについて少し突っ込んで議論するときには、ネコがしゃべらなくなったことは重要な要素かもしれません。, 同じように、誰かに物語を伝えるといった場面でも、友達に先週見た映画を紹介するというような場面もあるでしょう。このときにオチまで紹介してしまってよいでしょうか?もしその人がこれからその映画を楽しもうとしているのでしたら、オチは話さないのではないでしょうか。相手の興味を引く程度に紹介し「その映画面白そうだね、見たい!」という状態になった後に, 「でも最後主人公が死んじゃうんだよね」などと言った暁にはもう友達ではいられなくなるかもしれません。「最後は悲しい結末になるんだよね」なら許されるかもしれません。このようにオチを入れる入れないにしても、色々なレベルがあり、目的をよく考えることが必要になります。, このようなあらすじもまた、見たことがあるのではないでしょうか。ストーリーの「さわり」はわかりますが、全体像はわからないこともあり、もちろん, プロットは作者が物語を作るときに、大雑把にストーリーを書く『物語のダイジェスト版』です。ストーリーを作る際は、頭からどんどん作っていくか、大まかに全体を決めてからディティールを足していくかの2通りがありますが、この, 作る側が物語全体を把握するためにあるので、基本的にはオチまであって、整合性や面白さ確認します。, 「どうやって、と言われても長いものを短くするのだから、削って短くすればいいだろう」と思うかもしれません。, それはそうなのですが、問題は何を削るかという点です。大事な部分を削れば伝わるものも伝わりません。ここでも目的や何が大事かを考える必要があるのです。, 必ず入れる必要があるのが「主人公の紹介」と、「主要な事件の解決」の2つです。この2つが入っていれば、他の部分は大胆に削除することができます。「, 主要な事件の解決」とは桃太郎で言えば鬼退治のような、メインで解決される出来事を指します。参考のため、この2つだけで構成してみましょう。, さて、主人公、事件の解決、この2つは必ず入れるとして、そのほかの事柄は優先順位をつけ、文字数制限の中で調整することになります。桃太郎の場合に戻りますが、, 最低限の内容の場合の主人公の紹介は「桃から生まれた」ということだけでしたが、通常のあらすじでは「おばあさんが川で拾った桃から男の子が生まれました。桃太郎と名付けられた男の子」としています。文字数を少し多くしたとき、川で拾ったというエピソードは、桃太郎の魅力をより伝えられると考えたからです。, 宣伝が目的のあらすじの場合は”面白そう”ということが伝わることが最も大事なことです。最低限の要素を守り、面白そうと思ってもらえればよいので、どこが一番興味を引くかを考えればよいことになります。, 物語の一番面白い部分を紹介し、続きが気になりそうな展開までを書けばよいのです。あらすじと言うと、物語全体を紹介しなければいけないような気になりますが、気になる部分が紹介できれば、それがクライマックスである必要はありません。, https://www.facebook.com/-153170218380106/. 1 あらすじは何のために書くのか【小説新人賞投稿時の梗概】; 2 あらすじは最後まで書くべき【小説を応募するときの概要の書き方・オチ】; 3 あらすじの分量はどのぐらいがいいのか・9割ぐらいが目安; 4 新人賞のあらすじは一人称で書くべきか三人称で書くべきか あらすじがきちんと書けているとストーリーの要点が分かり、映画の面白さも伝わります。書き方によっては観客に与える印象も違ってくるのです。そこで観客の興味を引く映画のあらすじの書き方につい … これまでの書き方では、ものすごく察しがいい人か、あるいは自分の作品を知ってくれている人しか読まないであろう。 新しいあらすじの書き方. あらすじと要約の違いについてですが、ストーリーをどれだけ削るかによって表現が変わってきます。 「要約」はピンポイントに伝えるだけでいいので、物語を最後まで追っていく必要はありません。 もととなる文章のポイントさえ入っていれば、簡潔に伝えることができるのが要約の良いところともいえます。 一方「あらすじ」の場合は、物語に合わせて書いていくため、時系列に沿う必要が出てきます。 要点だけを取り上げ … 失敗しないあらすじの書き方. あらすじは映画の第一印象を決める大切な要素です。映画の魅力を上げるも下げるも、あらすじ次第。あらすじだけを読んで「退屈そうな映画だな」と思われないために、基本的な書き方のコツをしっかりと学んでおきましょう。 書き方のコツ; 作文: はじめ・中・おわりを意識する: 日記: 5w1h・五感を使う: 読書感想文: 本のあらすじ・感想・自分の体験に置き換え・これから人生で活かしたいことの順に書く >> まずは『あらすじ』について。 これは読者が一番先に目を止める場所。つまり小説におけるプロローグと同じ意味を持つだろう。 だから書き方としては同じなのかも知れない。 しかし、『あらすじ』とは 粗 … 連載小説を書きたい場合も、同様に新規作成から書き始めればよろしいのですか? Re[20]:小説の投稿方法について質問 ( No.20 ) 日時: 2017年04月26日(水) 13:57 しかしあらすじの書き方は独特であり、特に初心者はどのように書けばよいかわからないこともあるでしょう。記事ではあらすじの書き方で悩まないためのポイントを4つ紹介します。あらすじを書く際には、ぜひ参考としてください。 小説家になるには書き方を学ぶ必要はない|ラノベはキャラを動かすだけ 本ブログは、PCで見やすくなるように調整しているため、スマホからですと多少の見づらさがあると思いますがご了承ください。 傍点の振り方 例文) 今日は良い《《永遠力暴風雪》》日和ですね。 《《と 》》に囲まれた文字に傍点がふられます。 最大100文字まで自動で振られますので、それ以上は別の《《》》記号で囲んで下さい。 Copyright © 2020 かかねば. ライトノベル作家のshiryuです。本記事では、「面白い」小説ではなく、「面白そう」な小説を書く方法を説明しております。全然自分の小説が読まれない、と思って悩んでいる方は、ぜひ読んでください。 そこで思いついたのが、私が全く他人だったときに「この作品を読みたい」と思うあらすじの描き方である。 All Rights Reserved. 上記で、あらすじの重要性について説明しました。 では、次にあらすじを作る上で以下4点を意識してみましょう。 あらすじの冒頭ではインパクトがある事を書こう; 小説の内容を簡単に説明しよう; キャラクターの説明をしよう 目次. 粗筋や荒筋と書くように、あらすじとは「大まかで大雑把な筋書き」のことです。これから読む人がストーリーを短時間で理解するために存在します。また、あらすじは本編が読みたくなるきっかけともいえるでしょう。 基本的に300ページの小説ならば、300文字前後にまとめた文章を書きます。長編小説や応募規定によっては、800文字程度のあらすじが求められることがあります。重要な部分以外の文章を削って、物語の流れを指し示すようにしましょう。 読書感想文のあらすじ(粗筋)の書き方をお手本となる例文付きでまとめています。その他、あらすじを書かないのはokか、どれくらい書くのか、ネタバレしていいのか、あらすじの後は何を書くのか等…読書感想文の書き方についてまとめていますよ。 小説や映画、演劇など評価する基準となるのはあらすじです。あらすじの役目とはストーリの要点だけではなく、使い方や書き方によって印象や効果も違ってきます。今回は効果的に機能するあらすじのポイントや書き方について、紹介します。 まず、短編と長編の違いは『情報量』と『難易度』の2つだけ、ということは最初に押さえておきたいところです。 短編は短いので、読者に伝えることのできる情報量がかなり限定的なものになります。 つまり、世界観・登場人物(正確に言えば語り手)・メッセージ(セリフ)・ストーリーといった物語における主要設定項目の中で、何を優先して表現し、何を簡略化させるかを決める必要があるのです。 これらそれぞれの要素を簡略化させる方法は意外とシンプルです。世界観なら現実世界に設定すれば良 … ハーメルンの笛吹き男の読書感想文を書きました。この物語は実話がもとになっているみたいですね…。テーマは『理不尽』について。読書感想文~グリム童話編の10回目。通算20作品目。 あらすじは脚本や小説の本文を要約した文章です。どんなメディアにも対応可能なあらすじの書き方は存在します。記事ではあらすじを迷わずに書くための考え方や手順について解説します。 あらすじの書き方 あらすじの作成 このページでは、あらすじを書くポイントを紹介しています。 あらすじを書くには、300枚(120,000字)以上の長編でも、800字など限られた文字数にまとめなければなり … 確かにそれは間違ってはいませんが、正確ではありません。単にあらすじを読む側の立場なら、それでも何の問題もありません。あらすじはあらすじです、と提示されていて、読めばいいだけだからです。, もし、あなたがあらすじを作る側の立場だったら、正確に理解していないと、困ったことになります。ストーリーの短い版、といっても一体どこをどう削ればいいでしょう?オチはつけるべきなの?, あらすじは、漢字で『粗筋』や『荒筋』と書きます。「粗」も「荒」も大雑把、大まかといった意味ですね。『筋』とは筋書、ストーリーのことです。つまり、あらい筋書、大雑把なストーリーのことです。, このあらすじが何のためにあるか、と言いますとこれから読む人が、ストーリーの内容を短い時間で理解するためです。, ですから本編より短く作りますし、短くするためには大事な部分以外は削る必要があります。, あらすじの長さは、文字数で言うと100字から400字くらいで、数十秒から数分で読めてしまうくらいの分量です。(もちろん、長いものも短いものもありますが、基本はこのくらいです。)この長さが重要で、ものとストーリーがどんな長さでも、あらすじは大体このくらいの長さになります。映画だったら2時間あるものを、あるいは小説なら300ページあるものを、あ, るいは漫画なら30巻あるものでも、すべてこの長さでまとめるのですから、大事なところ以外は省いた、まさに粗いストーリーになりますね。, 読む側の知識としては、これで十分でしょう。しかし、書く側はそうではありません。順を追って見てみましょう。. あらすじは、漢字で『粗筋』や『荒筋』と書きます。「粗」も「荒」も大雑把、大まかといった意味ですね。『筋』とは筋書、ストーリーのことです。つまり、あらい筋書、大雑把なストーリーのことです。 このあらすじが何のためにあるか、と言いますとこれから読む人が、ストーリーの内容を短い時間で理解するためです。 ですから本編より短く作りますし、短くするためには大事な部分以外は削る必要があります。 あらすじ … まずは基本的な知識について。 あらすじと言うのはご存知の通りでは ありますが、大まかな話、物語の 軸や柱となる流れを文章化したものです。 物語や考えを簡略化してだいたいの流れを 作品を制作してくれる人に見て、理解して もらうためのもの、それがあらすじ。 本当なら、その世界を生み出した親としては 作品をすべて見てもらい、感じてもらいたい でしょうが、時間は有限です。 忙しい制作所さんだと毎日のように新しい 企画書が持ち込まれてきます。 そこに長々とした脚本を持ってこられたら 「う … 映画はもちろんのこと、小説や演劇、ドラマなどの評価の一つの基準となるのがあらすじです。あらすじがきちんと書けているとストーリーの要点が分かり、映画の面白さも伝わります。書き方によっては観客に与える印象も違ってくるのです。そこで観客の興味を引く映画のあらすじの書き方について解説します。, 映画のあらすじをまとめるときには、脚本全体の内容を400字から800文字以内に収めることになります。もちろん脚本の内容を全て入れることは不可能ですし、分かりやすくするためには必要ない部分は削ることになります。, 書き始める前にはどの部分を入れて、どの部分は削るのか考えてから作業を始めることが大切です。まずは脚本の中で重要だと思う部分を書き出して、箇条書きでまとめておきます。ストーリーが動き出した部分や物語の山場など書き出して、どの部分をあらすじに入れるのか、または入れないのかを考えるのです。, オチとなる部分は入れるのか、それとも入れないのかも考えます。あらすじにオチまで入れてしまうと映画を観る必要が無くなると思いがちですが、オチを入れるといっても抽象的な文章だけです。例えば主人公がハッピーエンドだったなら「幸せになった」と内容を簡単に説明するだけに留めておきます。あくまでもネタバレにならない程度に結末を入れることが大事です。, 興味を引くようなあらすじを作りたいときには、あらすじの中に起承転結を作ります。起承転結を作ると短い文章でも内容が分かりやすくなり、読み手を飽きさせません。, 「起」は登場人物たちの基本的な情報を入れ込み、これからどんな物語が始まるのか期待させる部分です。「承」はストーリーの「転」に向けてストーリーを加速させる役割があり、「起」の部分を受けてさらに物語を発展させていきます。「転」は結末に向けてストーリーを収束させる転換点で、あらすじで一番盛り上がるような文章にします。「結」はあらすじの着地点となる部分で、何を伝えたいのか、どんな結末になるのか連想させるような文章にするのがポイントです。, また「起承転結」の順番を変えるのもテクニックの一つで、あえて「結」の部分を冒頭に持っていって読者の興味を引くやり方もあります。物語の中でも衝撃的な内容を冒頭に入れて、あらすじの続きが読みたくなるような文章にするテクニックです。, あらすじの文章がある程度決まったら、文字数を調整します。あらすじは短すぎても内容が分かりにくいですし、長すぎても読む人を飽きさせてしまいます。読む人が飽きたりせずに、映画の魅力を感じられるように約1分で読めるくらいの文字数にします。, 物語の舞台設定はなるべく簡潔にし、一言で分かるような文章にするのがコツです。舞台設定を長々と説明すると文字数も多くなりますし、ストーリーの重要な部分に文字数を使うためにも短くします。あらすじに登場するキャラクターも最小限に抑えて、登場人物よりも物語にスポットが当たるようにするとスッキリとした印象になります。, 行間を読ませるテクニックも文字数の節約に繋がり、書かれている文章から書かれていない部分を連想させる方法です。例えば「昨日は雨が沢山降っていたけれど、今日は太陽も出ていて晴れている」を「昨日の天気が嘘のような青空だ」と書けば文字数の節約になります。読者が想像出来るのような文章にすると短文で意味が伝わります。. 自分のコンテンツを選んでもらうには、ひと目で魅力を伝えなければなりません。そこで重要になるのがあらすじです。あらすじを上手に書くことができれば、瞬時に作品の魅力を伝えられます。記事では、あらすじの基礎知識と書き方をお伝えします。

14番目 英語 スペル, 艦これ ウォースパイト レシピ, プロテスタント 十字架 ネックレス, 君の名は 動画 B9, ポケモンgo プラス 電池切れ 早い, キングダム ネタバレ 652, 数学 計算練習 大学受験, Gu ブラトップ コーデ, インスタ 名前 14日間,

Comments are closed.